水に浮かぶこころ

英国在住アーティストが綴る不思議なドキュメンタリーストーリー

【彼女】と父と母と【彼女】の子供

やたらとリアルである

Artwork by Satoshi Dáte

【彼女】はまたなにか急いでいる。 何かひたすらものを書いているようにも見える。 引越しか移動。移動しなくてはいけないと感じている。

続きを読む

L 私の左耳にキスをした

自分の手を…

Artwork by Satoshi Dáte

ガラス戸が連なる、気持ちのいい昼の光りが差し込む家。僕は次の目的地に行くまで、従兄弟の家族の家に泊まっていた(実際に時々泊まる家、だが家族構成は4人で夫と子供達しかいない)。 僕の夢はときおりせわしなく、一時的にどこかにいて、移動しなくてはいけない。 (実際に人生の中で旅行は多い)

続きを読む

スーツケースで血が流れる

生徒が冷たい

Artwork by Satoshi Dáte

ドローイングの17歳の生徒と彼女の母親が現われる。彼らはレッスンのときに二人で仲良く家にやってくる。

続きを読む

嫌いなワーム

青緑に光る幼虫

"warms" Artwork by Satoshi Dáte

僕は三鷹にあった、家族の家の自分の部屋にいる。実際はありえないほど散らかっていたが、ここでは多少スペースがあった。

絵本の中で描かれたような短い辺をこちらに向けた角度で単純なテーブル(いままで複雑でアンティークなテーブルが夢に現われた事がない)が僕の視界の左側においてある。

続きを読む

死相と先生

美輪さん登場

Artwork by Satoshi Dáte

木の建物。 浦和のおばあちゃんの家のようだけど形が少し違う。 段差があり、奥には広がりを感じる。 段差のあとにはダイニングテーブルのようなベッドのようなものがある。天井からやや半分ほどの高さの壁があり、右横は通路になっていて、隔たりはない。

続きを読む

スケッチの現実と幻想

マケドニアとマセドニア

sketch-reality-illusion-by Satoshi Dáte

 

この前の日にはじめた会った45歳で白髪で感じの良い顔立ちのマケドニア人と話した。彼は同性愛者で2年前にある人と結婚して、そのハネムーンの二日後に彼に別れを告げられたそうだ。けれど彼らはいまでも一緒にくらしている。 彼はいろいろなスピリチュアルな修行もしていて、とてもいきが通った。

続きを読む