水に浮かぶこころ

英国在住アーティストが綴るドキュメンタリーストーリー

世界一美味しくないピザを食べる

アメリカvsイタリア

f:id:SatoshiDate:20181013232256j:plain

Flag 1954-55 by Jasper Johns

ピザはなんとイタリアからやって来たのである。

日本人のどの位の人がそれを知っているだろうか?

そんなの誰でも知ってる!と言われそうですけどぼくですら、ピザは...

アメリカ?と思っていたのだ。

 

日本は未だに”American Pizza” (アメリカのピザ)が主流である。

イギリス留学の時にアレキサンダー・マックィーンのスタジオでイギリス人の友人が、イタリアピザをデリバリーして

 

「なにこの薄いピザ」

 

と言ってたのを覚えている。

 

薄いのではなくて、アメリカのピザが不必要に厚いのである。

 

小さい頃シェーキーズというものに家族で行ったことを覚えている。

案の定父親不在であるが。

 

3人で楽しくいくわけだ。子供の僕だから味なんてそんなわからない(そういうものか?)

集めでコーンが沢山でたくさん食べればいい、味もおおざっぱでいい。ポテトも大きくて美味しい。たぶんこの頃のシェーキーズは今のものより(今存在してるのか?)きっとおいしい。と思う。

 

まあともかく、それがアメリカのピザ。

 

分厚くて安っぽいチーズがたっぷりで、トマトソースも酸っぱい。

 

1ドルピザたるものがアメリカにはある。

 

これもたしかヒロシさんのお勧めである。ヒロシさんがますます日本のサラリーマンに見えてきた。芸術家というか、観光に日本人を典型的なところへ連れてくる人である...

 

彼の言われた通り買い、彼の言われた通りの食べ方で食べた。

 

これは食べれたものではなかった。1ドルでこの大きさ(とにかく大きい三角の一切れ)

 

これは5ドルのピザを美味しくないから4ドルマイナスになって1ドルになった。

 

そういう味だった。

 

また経験しないでもいいような経験をしてしまった。

 

それこそ人生経験5%-4%で1%の経験だった。