水に浮かぶこころ

英国在住アーティストが綴るドキュメンタリーストーリー

夢が叶う留学の道しるべ

留学道<留学の極意>

まだまだ夢は沢山あるけれど、留学する前の夢をすでに何個か叶えることができました。僕は今とても幸せで充実して楽しいです。このブログでは自身の留学の話を通して、どうしたら海外生活を充実してすごし、満足いく人生を築き上げれるかを語っていきたいと思います。 

f:id:SatoshiDate:20180721073058j:plain

 

留学は何のためにするのでしょうか?

勉学のため?自分探し?語学?海外移住?仕事? 

僕はイギリスに強い憧れがあってきました。でも海外に行くのに目標がなくても憧れがなくてもいいと思います。

 

僕が留学の経験をして振り返ってみると、もともとは勉強をしたいという事で来ましたがそれ以上のものを結果的に得ました。 留学や海外生活など、違った環境で生活するということは新しい自分を形成し(本質的には自分自身に気付くこと)、よりよい「人」になる自分磨きへの旅立ちだと思います。日本人がみんな海外で生活する経験があれば日本はもっと良い社会になると思います。

 

でもこれはただ海外に住んだり、留学すればいいわけではないのです。

 

僕はこれから話す留学するための道しるべを<留学道>(留学の極意)と名付けます。

この道は道しるべでもありますが、武道の道(どう)。英語で言うPracticeです。

留学といっても様々ですが、留学をして語学力も含め本当の意味で何かを得る人はごく僅かだと思います。 

 

正しい留学の仕方というと語弊があるかもしれませんが、僕はそれぞれの道があるなかで、これから話す僕がたどった道しるべを知る事で留学や海外生活のガイダンスになり、さらに道が開ける方法を得られると信じています。正しいといのはこうしないとダメと言うわけではないです。短い文章では言い表せないので僕の体験を読んでいくことで、僕がここで話している意味を理解していただけると思います。

 

僕のイギリス留学の準備から渡英に至るまでの経緯、セントラル・セント・マーチンズ大学に受かりその後の学校生活、夢の実現、ありえないような不思議な体験、ゆったりしていてワクワクドキドキなイギリスの生活について語ります。 これは留学、海外生活を夢見る人でなくても面白い話だと思います。アメリカ留学でも火星移住でも新しい場所へ行こうとしてる人であれば、そして自分自身の道を探している人、何をしたら良いかわからない人にもきっと役に立ちます

 

海外留学は現状と多少異なることはあると思いますが、今でも留学や海外生活を望む人は沢山いると思います。留学する際に何が必要で何が大事か?それはいつの時代でも同じだと思います。残念ながらワーキングホリデーや語学留学を含む殆どの人が自分のやりたいことを達成せずに帰ってしまいます。それはハードルが高いのではなく。 出来るのにやらないからです。なぜでしょうか? その秘密を話していきたいと思います。 やはりせっかく行動した人にとっては何か達成したいですよね。 

 

来たばかりの時はパニック状態ばかりでしたが、イギリスでは苦もなく生活できるようになりました。意外とロンドンに住んでいる日本人は少ないです。昔の人は語学学校自動10年間通って永住権を手に入れた人もいますが、最近ではそんなに簡単ではありません。ではどのようにしたらイギリスで生活することが出来るのか、また有意義な生活をして日本にその経験を持って帰り日本の社会の中で活躍できるようになるか話をしていきたいと思います。

 

*ここで描かれた人物の名前は実在の人物と異なります。

 

                             次の記事