水に浮かぶこころ

英国在住アーティストが綴るドキュメンタリーストーリー

女性は幻想の中に存在する

男性ははっきりしていたくて、女性ははっきりしていたくない

f:id:SatoshiDate:20180814213348j:plain

 

掴もうとしても掴めないような、清潔で静かで、透き通っていて母親でもなく同い年の女の子でもなく。  彼女達に追いつこうとしたって、追いつけない。だって彼女たちは年上だから。 彼女は中学生ではなく、高校生になり、大学生になり、大人の女性となる。 

 果てしなく続く、追いかけっこは永遠に終わらない。

 

けれどいつのまにか女子中学生である彼女たちはいなくなって、いつの間にか僕は女子中学生より年上になっている。 これはどうしたことか。 彼女たちを追っていたのにいつの間にか追い越してしまった。 

 

そしてまた永遠につかむことのできない幻想的な女性を作りだす。

 

女性の制服に包まれてるあの姿は、戦前の時から生きているような、時を超えても同じ制服に新しい体が包み込まれているような感じがした。

 

僕の事を待っていた年上の女性達の事を家族に話したかどうかは記憶にない。何て言うか秘密で特別で僕の同い年の子たちに話せないような話したいような、学校のグラウンドから特別な女子の校舎を抜けてわずか10分だけの駅前までの道を、時が存在しない不思議な空間を歩いてるようだった。

 

傍から見たら誘拐されているようにも見えるし、女子中学生の弟にも見える。やがて彼女たち二人はなぜか一人になった。その理由は記憶にないけれど。残された彼女の顔には少し影がある表情があった気がする。もしかしたら喧嘩したかもしれないし、部活が忙しくなったかもしれない。 もしかしたら転校したかもしれない。

 

残された女子中学生は一人になり。やがて彼女もどこかへ消えていった。僕が小学3年生のまえに入院する前の話だったに違いない。退院を後に彼らを探すことはできなくなってしまったから。 それか彼女たちが卒業してしまったかもしれない。

 

僕の心に焼き付けた不思議な思い出

とても不思議で素敵な話

まるで前世の前世の記憶のよう

f:id:SatoshiDate:20180814204209j:plain

小学校1,2年生だったと思う。僕の小学校は付属の女子中学校高校校舎の脇を通って、最寄駅まで歩いていった。 母親が通っていた古い音楽大学の脇も同時に通っていく。 音大生の練習の音を肩耳に、大人な大学生の服装を横目に女子中、高校生が行き交う。

続きを読む

女性に囲まれる合唱団に入る

僕の音楽の原点

f:id:SatoshiDate:20180809003454j:plain

女性へのあこがれ、そしてイギリス留学によって克服する女性への恐怖心の原点を探ってみる。 前に習い事の話をした。小さい頃通っていたスイミングスクールの記憶も結構ひどかった。 水泳はおばさんに教わっていたが、あまりにも嫌で泣き出して母親のとこに駆け込んでいった記憶がある。 大人が恐かった。 団体行動はすごい嫌いだった。 なんでここに僕は一人で残されてるんだろうと思っていた。

続きを読む

繊細で神経質だといいことがある。

ゾンビになってしまった

f:id:SatoshiDate:20180813070212j:plain

ボストンでやることは漠然としてたけど沢山の美術館があるので初めのうちは足を運ぶことにした。この1ヶ月間の滞在はイギリス留学の大切な準備時間になった。 僕にとって最も重要で転機となる経験だった。

続きを読む

人間力がないとすぐ恋に落ちる?

何度恋におちたいのか...

f:id:SatoshiDate:20180813064851j:plain

女の人というものがいまひとつ理解できなかった。理解できないと言うか、どのように話をしたらいいのか、何と話したらいいのか。全くもって女性はエイリアンの様なものだと思っていた。

続きを読む

子供は恐怖心で記憶を失う

なにを習いたいだろう

f:id:SatoshiDate:20180808233128j:plain

                         写真:Satoshi Dáte

 習い事はどれも好きではなかった。何をやったかな。ピアノ。そこには手塚治虫のブラックジャックの単行本が置いてあって、ただそれを読みたいがために行っていたみたいなものだ。 母親に言われいやいや行っていた。 みんなも経験があると思いますがピアノの先生の家ってなんか西洋的で日本ぽくないんですよね? 

西洋的な匂いがすごいして香水なのかなんなのか。先生まで西洋人なんじゃないかって勘違いするくらい。西洋が大好きだからそんな家に住んでいるのかもしれない。昔から先生というものは何なのかよくわかってなかった。先生っていったい何なんだろう。前の記事で語った先生とはかけ離れものだった。> 本当の先生とは

 

先生っていうものが何なのかよくわからなかった。母親にヴァイオリンを教わったことがあった。母親はすごいヒステリーだったので、ほとんどその時の恐怖のおかげで記憶が飛んでいる。 

 f:id:SatoshiDate:20180809061327j:plain

最近知った事。子供は恐怖によって起きたことを記憶から消すらしい。最近になっていろいろ記憶が蘇ってきた。

 

参考>

記憶を消す子供たち

レノア・テア著

 

彼女の楽器ではないピアノ教えてもらう時もかなりひどいものだった。だから彼女は先生なのか何なのかよくわからない。よく泣きながら弾いてたような気が記憶がある。だから教わるということは何か苦しいことで悲しいことで、それに耐え抜いた人が何かを得るのだろうという考えがあった。他の先生や母親はもっと厳しいと僕の母に聞いていたので。

 

ピアノはもちろん練習もせず。何が面白いのかもわからず 。母親も何度も自信をなくすようなことを言ってきた記憶がある。ピアノの先生は全然僕は好きではなかった。 だからのびなかったんだと思う。

 

待ち時間のブラックジャックの方が熱中して漫画家になりながら医者になりたいと思った。医者の情熱な話のほうが、つまらない練習曲の音より感動的だった。

 

大人はなんで練習をしなくてはいけないか、習い事をしなくてはいけないかきちんと説明してくれない。それは抽象的でもいいから理解させることがいいと思う。

イギリス留学前の習い事は何にすべきか?

初めてお会いした女性は母親でした。

f:id:SatoshiDate:20180808231637j:plain

僕は母親を溺愛していた。映画「マルセルの夏」、「マルセルの城」をご存知でしょうか?

ぼくは個人的に「マルセルの城」のほうが全然好きです。たしか「マルセルの城」のほうで、主人公が母親への愛、いかに母親が美しいかという、恋人へ発する言葉の様な、尊重するような頭の中で語るセルフが印象的です。

続きを読む